ネズミ駆除の方法について

subpage1

自力でネズミ駆除をする場合、専門業者に頼むよりも費用を抑えることができます。


すでに家の中にネズミが入り込んできている時の対策としては、入り込んだネズミを駆除すると同時にネズミの侵入場所を塞ぐなどして予防を行う必要があります。
家庭で対策を行うためには、カゴ式またはバネ式の罠や毒餌、粘着シートなどをホームセンターなどで購入しましょう。カゴ式の罠は、カゴの中に侵入したネズミを生け捕りにするためのグッズです。

設置するための場所を確保する必要があり、生け捕りになったネズミを処理する方法を考えておかなければいけません。

こだわるならネズミの駆除情報の豊富さで有名なサイトです。

バネ式の罠はカゴ式より場所を選ばず、罠にかかったネズミを殺すことができます。

粘着シートは、ネズミの通り道に設置することでくっつくのを待ちます。



罠と比べて安価に購入できるメリットがありますが、時間が経つとホコリが積もるなどして効果が薄れるというデメリットもあります。


また、餌を仕掛けるのと違って誘い込むことができないので、ネズミの通る場所を把握しておくのも重要です。



毒餌はその名の通り、毒が仕込まれた餌を置いておく方法です。設置が簡単で効果的なネズミ駆除の方法ですが、ペットや小さな子供がいる住宅の場合、誤って口にしないように注意して下さい。

ネズミ駆除を自力で行っても効果はなかなか現れない場合があります。

そのような場合、住宅や住人への被害が広がるおそれがあるので、専門業者に依頼して駆除を行いましょう。

いまどきの害獣駆除

subpage2

お米や野菜をしまってある倉庫の中にネズミが発生したとします。注目すべきはネズミが侵入してきた経路で、糞が落ちている所を調べていくと判明します。...

next

害獣駆除の知っておきたい情報

subpage3

ネズミが住宅で被害をもたらすこともあり、室内にネズミがかじったような形跡などを見つけた場合には、ネズミ駆除をすることをまず考えます。とりあえず、最初に思い立つのは、専門業者へ頼むかどうかです。...

next

害獣駆除の知りたい情報

subpage4

ネズミが家に住み着くと、天井を走り回る足音やキッチンの流しの下に糞などを見つけてネズミがいることがわかるようになります。もし、家の中でネズミを発見したら、そのまま放置していると、とても不潔ですし、また電気ケーブルなどを噛んで火事が起きるという事例もあります。...

next

15から学ぶ害獣駆除

subpage5

ネズミ駆除をする場合には、ある程度室内などもきれいに掃除しておきましょう。物が散乱している状態だと、ネズミの隠れる場所なども増えてしまい場合もあります。...

next